坐骨神経痛

腰椎ヘルニア

腰椎ヘルニア

こんな症状にお悩みではないですか?

  • 寝ているときにもお尻が痛い
  • 起き上がった時にお尻が痛い
  • 歩いている時もお尻が痛い
  • かがんだり、座ったりすると、太ももまで痛い
  • 薬を飲んでも痛みがあまり変わらない

このようなお悩みのある方は、当院にお任せください。

このような悩みは当院へお越しいただいている方が持っていたお悩みです。

MIYAI整体院での施術とは?

1つ目は姿勢の歪みを徹底的に整えていくことです。

坐骨神経痛とは病名ではなく、いろいろな原因が複合して神経が圧迫して発生していることがほとんどです。

そのいろいろな原因とは、ヘルニアや狭窄症のように腰が原因で圧迫してる人。

梨状筋症候群によって圧迫している人。

さまざまです。

しかし、それらに根本的な原因が姿勢の歪みなのです。

姿勢の歪みによって加わる圧力が1点に集まりやすくなって発生しやすくなっているんですね。

ですので歪みというのをしっかり整えていくことで加わる圧力の負担を軽減させていきます。

2つ目のポイントが腹圧を高めることです。

体幹のインナーマッスルの筋力低下というのは腰を支える力です。

椎間板ヘルニアの患者さんの多くは体幹のインナーマッスルの筋力が低下しています。

つまり姿勢を整えることをしても体幹のインナーマッスルが弱ければ腰を支えることができなくなり姿勢の維持ができないということです。

だから体幹のインナーマッスルを鍛える、すなわち、腹圧を高めることによって整った姿勢を維持させるということが必要になります。

この腹圧を高めるというのはご自宅でのセルフケアとなりますので体の状態を見ていきながらその時に合うトレーニングを説明していきます。

トレーニングは1日30分ほどあればできるので安心してください。

3つ目のポイントが日常生活の改善です。

坐骨神経痛が起こる原因で先ほど姿勢の歪みをお話ししましたよね?

では姿勢の歪みが起こる原因とは?

そう、もうすでに分かっているとは思いますが原因としては日常生活での悪い習慣です。

いくら姿勢を整えて腰を安定させるために筋力トレーニングを行っても日常生活で歪ませるようなことをしてしまっていては結局は症状が改善するには時間がかかってきます。

施術を受けても改善させるために時間がかかってしまうのではすごくもったいないですよね?

ですので当院では日常生活での悪い習慣を改善するためにチェックシートというものをしてもらいお話をしていきます。

・寝ころびながら携帯やテレビを見ていませんか?

・足を組みながら座っていませんか?

・水分は1日どのくらいとりますか?

このように他にもいろいろな項目があるので当てはまる項目に対してアドバイスをしていきます。

こうした日常生活での習慣を改善していくことで半年や1年かかると病院でも言われた椎間板ヘルニアによる痛みも軽減されていきスポーツ、運動できるような環境を作っていきます。

オファー

電話

ライン